« 組み上げの模様 | トップページ | ちょっと旅行へ »

2010年11月12日 (金)

豊田寺部八幡宮大祭1

10月10日、博物館の山車組み上げを見た後に足助へ向かいました。
その前にちょっと寄り道、豊田寺部八幡宮の祭りを観に行く、、、。
Dsc_4526
豊田と言えば挙母祭りが有名ですね。
でもソコじゃなく、豊田スタジアムより北東に1.5kmほど行った場所です。
一昨年も行ってはみたのですが、ちゃんと場所を調べて行かなかったので見つけられなかった。
着いたのは2時半頃、境内には、、、。
Dsc_4537
山車一輛と神輿らしき物が乗った車?
火縄銃の銃声、、、。
Dsc_4561
足助ほど大勢じゃなく、ひっそりと、、、?
Dsc_4562
破裂音が響いています。
山車は、、、。
Dsc_4557
挙母型に似てますが、前山が少々違う。
どちらかと言えば先日観た矢作の山車と同じかな、、、?
Dsc_4527
壇箱と力神以外は金ピカ、、、。
Dsc_4544

Dsc_4536
ちょっとピカピカし過ぎの様な気がします。
水引、、、。
Dsc_4538
波千鳥じゃ無く、波ウサギ。
ウサギが波の上を飛び跳ねてる?
ゴマは外輪、、、。
Dsc_4545
鉄製の輪掛けが付いています。
さて、境内では餅投げが始まりました、、、。
Dsc_4542
厄餅ですから貰わず、拝殿を観て来ます。
けっこう立派な建物、、、。
Dsc_4552
神楽殿には神輿もあります。
人形、、、?
Dsc_4553
神輿の横に獅子頭と一緒に飾ってあるんですけど何か分からず。
彫刻を外し始めました、、、。
Dsc_4546
なんで懸魚外すのでしょう?
上山も、、、。
Dsc_4555
鬼板外しました。
まぁ〜あそこを外す理由は分かるけどね。
さぁ、もうすぐ曵き出されます、、、。
Dsc_4566
ここも挙母と同じアノ光景が観られます。
つづく、、、。


|

« 組み上げの模様 | トップページ | ちょっと旅行へ »

祭り」カテゴリの記事

コメント

波に兎は、因幡の白兎です。

投稿: 祭り大好き。 | 2011年8月 6日 (土) 12時50分

祭りの一週間前に、山車の組み立てをしているよ。因みに、祭りが終わった次の日に、解体(山下ろし)をしているよ。

投稿: 祭り大好き。 | 2011年8月 6日 (土) 12時57分

祭り大好きさん、コメントありがとうございます。
因幡の白兎、神話の物語りですね。
学が無いので勉強に成ります。
どんな話しだったか思い出す。
大国主の命が・・・?
思い出せなくて調べてしまった!(笑)
題材と水引の描写はどのシーンなのか考えます。
うぅ〜ん、難しい。

山車の組み上げ一度拝見したいです。
なかなか他所の山車の構造を見る事がないですからね。
機会があれば覗きに行ってみます。
情報ありがとうございました。

投稿: いさ | 2011年8月 6日 (土) 18時49分

因幡では、白兎と黒兎の、お話し、言い伝えも存在します。

投稿: | 2011年8月 7日 (日) 19時07分

高橋町の山車は、瀬川治助重光さんの作です。
旧豊田三大祭り、10月第1 土曜・日曜日が、百々・平井の(平井八幡宮)大祭。(2台の山車)
第2 土曜・日曜日が、高橋町(寺部八幡宮)の大祭(奉納手筒花火が有)。(今は1台の山車)、
第3 土曜・日曜日、挙母祭りです。(8台の山車)+1台


投稿: | 2011年8月 7日 (日) 19時41分

黒兎?
なんでしょうか?
そんな話しもあるとは知りませんでした。

豊田だと足助に毎年行ってます。
挙母も結構見に行きますが、最近は宮出しの時ぐらいしか見ていないかな?
今年は+1台の山車の綱をちょこっと引く事に成るかも?

投稿: いさ | 2011年8月 7日 (日) 23時56分

+1台の山車は、挙母祭りに参加しない?、(出来ない)山車ですね。

投稿: | 2011年8月 9日 (火) 21時19分

伝統がない、張りぼて(ハリボテ)の山車(笑)+1台の綱を引くですか。恥ずかしい〜。町内在住ですか。? (笑)

投稿: | 2011年8月 9日 (火) 21時25分

黒兎を知らない人。?恥ずかしいです。

投稿: 祭り大好き。 | 2011年8月 9日 (火) 21時37分

黒兎を知らない恥ずかしい人です。(笑)
ググっても出て来ないので未だ分かりません!

張りぼて?
境内に八輛と一緒に並べれず入り口脇に止められてる一輛ですよ!
じゅうぶん立派な山車だと思うんですけど?
あの山車を引く事は恥ずかしい事なんですか?
娯楽の多い今のご時世、山車を作って祭りをやろうなんて思う事は凄いと思う。
人を集め、住民説得、資金を募り。
ゼロから始める苦労は相当大変でしょう。
他所の祭りの事で余計な事を言うと怒られそうですが、300年の歴史がある祭りは最初から8輛だった訳じゃありませんよね。
伝統が無いから仲間に入れないなんて心意気が狭い気がします。
歴史ある立派な祭り、いままで培って来た伝統も人が作って来た歴史。
その先に新たな1ページを増やすのは無理な事なのでしょうか?
ココ最近は女性が山車に乗るのはOK?
紙吹雪は昔からあんな大量にバラ撒いていたの?
伝統って一体・・・?
ちょっと言い過ぎですね。
すみません、気を悪くされてたら謝ります。
ただ、端から観てると+1台は可哀想な気がするだけ。
あっ、ココの山車を曵くのはまだ未定。
町内在住でもないし、身内が居る訳でもありません。
言えないのですが、ちょっと理由がありまして、もし、行ったら引く事に成るかな?って程度です。

投稿: いさ | 2011年8月 9日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555492/50008617

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田寺部八幡宮大祭1:

« 組み上げの模様 | トップページ | ちょっと旅行へ »