« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

天気が良くて羨ましい

今日は午後から阿久比の横松へ、、、。
Dsc_8165
午後から観てただけで少し日焼けしたみたい。
春まつりで2日とも天気が良かったのはココだけかな?
でも、暑すぎるのは辛い。
おっと誰ですか、餅を置いたのは、、、?
Dsc02125
ちゃんと拾った餅を持ち帰らないので山車を倉に納めるまで乗ってましたよ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

上半田祭礼

午後4時、、、。
Dsc02040
協和から歩いて上半田に来ました。
住吉神社へ向かう北組さん、、、。
Dsc02047
唐子車の後ろをついて歩きます。
ココ来るとこのパターンが気持ち良い。
後ろを振り向くと、、、。
Dsc02052
南組の福神車が遠くの方から追いかけて来ます。
唐子車が住吉神社に入ります、、、。
Dsc02053
ココは動画で、、、!

北組さん到着、、、。
Dsc02056
あっ、この木って花水木でしたっけ?
今年も奇麗に満開です。
福神車が入って来ます、、、。
Dsc02058
これも動画を載せます、、、。

二輛揃いました、、、!
Dsc02059
この後は大幟を降ろします、、、。
Dsc02064
人が多いうちに降ろすので片付け早い。
でも、登っちゃダメ、、、!
Dsc02079
急に倒れたら危ないぞ!
さて、日が暮れないうちに次の場所へ見に行かないと。
ここで上半田を後にする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

協和祭礼

忙しかった仕事もゴールデンウィーク目前でなんとか休みが普通に取れそうです。
さて、4月15日は祭りのピークでしたね。
僕も午前中は仕事でしたが、予定より早く終わったので午後から観に行けました。
最初に行ったのは協和地区。
残念ながら山車の坂上げに間に合わず。(泣)
しかも一眼レフを持って出掛けたのにバッテリーがカラッポに成ってますよ!(泣)
持ち出すの久しぶり、予備のバッテリーに交換。
オォ〜!ノォ〜!電池空っぽ。(泣)
しかたないのでコンデジで写します。
花車坂上げ、、、。
Dsc02020
西組さんが上がって行く時に到着。
続いて砂子さん、、、。
Dsc02021
ここでウチの地元の祭り仲間と合流、西組のへっぽこさんにご挨拶へ行きます。
ビール頂いて話してるうちに境内は賑やか。
ちょっと動画、、、。

くっついて並びました、、、。
Dsc02027
ぶつかってないかい?
拡大してみましょう、、、!
Dsc02029
うぅ〜ん?当たってる様な?
さて、餅投げです。
上山で阿久比囃子演奏してます、、、、。

桜の花びらと餅が一緒に舞ってました。
さて、次は上半田へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

祭り行けないね

あぁ〜雨ですよ!
せっかく一日休みに成ったのに。
今日は午前中、昨年から参加している某後援会の総会。
下半田が祭礼やってるスグ近くのアイプラザ半田で参加。
雨じゃ無かったら祭りが気に成るとこだが、気楽に話しが聞けた。
さて、午後からは祭り見物へ・・・?
残念ながら午後も予定がぁ〜!(泣)
コレ見に行きました、、、。
Dsc02120
場所は同じアイプラザ。
小ホールから大ホールに移動。
でも、慌てて一度家に帰る。
子供達と母親迎えに戻ったんんです。
昼飯を食べる暇も無かったよ!(泣)
えっ!、何で見に行ったのって?
カミさんが出演するんですよ。
今回初めて見に行って来たんです。
まぁ〜ね、プロじゃないので最初はあまり期待はしていませんでした。
フラメンコなんて全然分からんし・・・。
ところが驚きましたよ!
なかなかヤルじゃん!!
ちょっとホレなおしました!
はっはっは(大笑)
よぉ〜し、僕も負けずに祭り見物頑張ろ。
なんか比べようにも比較に成りませんね。
と言いつつ、終わった後に下半田へは見に行けなかった。(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

冨貴市場祭礼(本楽祭)

地元の祭り本楽祭、前日とは違って上天気。
雨用の幕を取り外し、新幕で曵き出します、、、。
Dsc01954
事前に言っておきますが2日目の写真はメッチャ少ない。
ハンド綱担は他にも居るのに酒飲んで騒ぐだけの責任感無いバカの為に交代出来る人が居ない。
なので今年は内容が速いスピードで進みます。
踏切通過待ち、、、。
Dsc01957
綱から離れれる僅かな時間。
白山神社曵き込み前、、、。
Dsc01958
写真無いと進み早いでしょ!(笑)
動画もあるが、、、。

富貴の本若車だけしか撮れないよ。
八幡社曵き込み後、、、。
Dsc01966
他所では見ない山上げで唄を歌います。
準備OK、、、!
Dsc01971
それではウチの舩組から始めます、、、。

続いて本若組、、、。

山上げが終わると神事が執り行われます、、、。
Dsc01975
その後に本若車のからくりが有りますが、写真どころか動画も撮ってませんので悪しからず。
あっ、コレ、、、。
Dsc01972
富貴区の獅子屋館。
さて、昼休憩、、、。
Dsc01976
しばらくマッタリと休憩。
八幡社を曵き出し、、、。
Dsc01981
ハンド綱片手に撮ってみましたが良い写真は撮れません!
津島神社到着、、、。
Dsc01991
やっとここでハンド綱から逃げられます。
交代要員いないのですが強引に・・・。
理由は大太鼓を山車が来る前までに小桜神社まで運ぶ為。
長い事待たされて山車が来る、、、。
Dsc02004
富貴との高浜別れは見れませんでした。
小桜では、、、。
Dsc02005
大太鼓を使って囃子と菓子撒き。
夜は、、、。
Dsc02008
提灯全部取り付け宵宮。
前日に行なわなかった綱引きは簡単に若い衆敗北。
山車納め、、、。
Dsc02010
凄くスムーズな終わり時間でした。
これで写真全部と少ない記事で本楽祭記事終了です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

久しぶりの祭り見物

今日の午前中は仕事。
午後からは久しぶりに休みが出来たので祭り見物へ出掛ける。
協和、、、。
Dsc020321
西組さんにビール頂きプハァ〜酔いがまわる。
日頃の仕事疲れで体力無いので酔いも早い。
上半田、、、。
Dsc020601
彫刻見てたら良く見てって!と南組さんにビール頂く。
うん、いい気持ちに成って来た。
宮津、、、。
Dsc020931
暗く成りかけた頃、山車菓子撒き中に到着。
そーめん飛んで来て拾ったが中身ボキボキ折れちゃってますよ!
久しぶりの祭り見物、仕事の疲れも何処かへ行っちゃいます。
残念なのはデジカメ。
一眼を持ち出すの久しぶりなので電池充電し忘れる。(泣)
予備の電池に入れ替えたけど同じくカラっぽ状態。
仕方ないのでコンデジで撮りまくる。
さぁ、来週は下半田。
仕事の方も日曜仕事に区切りが付きそう?
やっとユックリ祭り見物出来るかも・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

冨貴市場祭礼(試楽祭)3

本若さん接待中、、、!
Dsc01943
会館の中では市場が富貴を振る舞ってます。
僕は外で本若の同級生と雑談。
高浜の別れ、、、。
Dsc01944
本若さんとの試楽祭はココまで、また翌日の再会までしばしの別れです。
ココから先は地元を曵き廻し。
夕方から提灯を付ける予定でしたが強烈な風が吹いているので取り付けません!
なんかメチャクチャ寒く成って来ました。
する事無いので休憩中は祭礼車の助手席で暖をとる。
運転席に先輩がスマホ片手に悪戦苦闘してました。
どうもメールが送れないみたい?
送ろうとするとフライトモード?とかで中断するんだって!
何故かもう一台携帯持ってて、電話屋に設定の変え方聞いてます。
何でか電話で店員に激怒してますよ!(笑)
お前じゃダメ、他の人に代われ!
頭に来て電話切る。
これを3度ほど繰り返し、やっと納得。
その間僕はと言うと、遠くからお客さんです!
ブロクで知り合った遠州の三倉から遥々来てくれました。
ところがウチの場所が分からない様でして、看袢に東って書いてあるとメールが・・・。
おっと、そこは東大高ですよ!
僕の事前説明悪くて上手く伝わらなかったみたい?
せっかく遠くから来ていただいたのに空が暗く成ってしまいました。
提灯無しだから山車見えないですね。
ほんと申し訳ない事しました。
おまけに時間も無くゆっくり話しも出来なかったよ!(泣)
さて、この後はお待ちかね打ち上げ花火の時間。
今年でウチの山車が建造150年と言う事で記念の花火です。
なので今年限りのイベント・・・???
強風吹き荒れる田んぼの真ん中、、、。
Dsc01947
寒さこらえて打ち上げ待ってます。
ドォ〜ン、、、!
Dsc01949
あぁ〜写真がブレてます。(泣)
メッチャ風が強いのでカメラが固定してられない。
こんな写真じゃ、、、。
Dsc01951
撮るの頼まれてたのに怒られるね。
急遽動画に変更、、、。

風の吹く音が強烈の録音されてます。
風に花火が流されて行くのを初めてみましたよ!
クライマックス、、、。

15分間の花火でしたが結構見応えあったね。
さて、鞘納め、、、。
Dsc01953
なんとか無事終了!
写真が今年は少ないので短く感じます。
本楽祭も同じ様な感じの記事に成るかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

冨貴市場祭礼(試楽祭)2

中電で本若車待ち、、、。
Dsc01936
雨が降ってたのでコレ以前の写真は撮ってません。
動画も本若ばかり成り〜。
本若車の曵き込み、、、。


この後は中電さん振るまいタイム。
泉州のうどん屋さんと宮津の祭り友達が来てくれたので雑談。
そこから一気に飛んで竜宮と秋葉です、、、。
上を眺めてますが、、、。
Dsc01939
下が大変なんです。
ゴマが、、、。
Dsc01938
ふんごむ。
この地方の方言かな?
この状況を抜け出せるか心配に成りましたが、案外簡単に脱出出来ました。
これが本若車だと無理ですね。
まぁ〜それ以前に入って来ないですから大丈夫ですね。
さぁ〜て、市場の公民館に戻って本若さん接待。
天気が、、、。
Dsc01940
ウソの様な空。
この時だけだったんですけどね。

つづく、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

山車はドコ?

今日はちょこっとココの祭り見て来た、、、。
Dsc02017
なんか山車が出るとか聞いてたんですが・・・?
有ったのはコレだけ、、、。
Dsc02018
今年は間に合わなかったのか?
それとも場所が違ってたのか?
明日だけなのか?
分からないから10分程見てただけで帰宅。
僕は明日も一日仕事です。
いつに成ったら祭り見物がゆっくり見る事できるのか?
はぁ〜・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

冨貴市場祭礼(試楽祭)1

今年の祭りは最悪天気でしたね。
お陰で良い写真が無いんだよね。
雨降ってたのでカメラ出すと壊れちゃう。
なので防水のコンデジが欲しく思えた。
まぁ〜それよりも僕の担当がハンド綱でしたので山車にベッタリ、しかも片手は必ず綱持ってますから余裕が無い。
この事の方が写真少ない原因ですね。
さて、そんな訳で今年は短い祭礼記事に成りますよ!
試楽祭朝の鞘の中、、、。
Dsc01927
合羽を被った山車。
前日の準備で新幕を着けてたハズの山車が朝には雨用の幕に付け替えてあります。
準備の時、一日悩んで新幕付けて出すと鞘を閉めたのに僕が帰ってから夜中に鞘開けて新幕外したと聞いた。
ほら見ろ言わんこっちゃない。
長年経験を積んだ者の言う事は聞くもんだよ!
あっ、ちなみに今年から合羽は新しいのを使う。
上山の船を覆う合羽にパイプの枠が無くなりました。
この状態だと山上げOKと・・・?
おや?写真見ると分かると思うが、新品の合羽に白テープ貼ってカーターナイフで切れ目入れてますよ。
前梶頭のお立ち台、手が前山柱を掴めないからとワガママで切っちゃった!
今までの合羽も無かったのにね。
打ち出しです、、、。
Dsc01928
元気な若い衆は合羽はもちろん着ませんよ!
メインストリート前で待機、、、。
Dsc01929
ここでお隣の富貴区の本若車が来るのを出迎えます。
今年は来ましたよ、、、。
Dsc01931
雨なんですけどねぇ〜。
ちなみに昨年は震災で自粛、試楽祭は別行動でした。
そんな事は始めての事だったかも知れません。
動画、、、。

本若車が到着、、、。
Dsc01933
本若車の幕は新幕で曵き廻しみたいだね?

つづく、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

板洗い

今日は祭りの後片付け。
なんか壊した部分多すぎ、、、。
Dsc02011
昨年の取れた部品が付けてないのも含んでますが、山車を確認したら無くなって何処かへ行ってしまってる部分も沢山ある。
もっと大切に扱ってもらいたいが、全く知らない人も山車に乗るので仕方がない。
あぁ〜、誰がコレ直すの?
今年は仕事忙しくて準備手伝いに行かなかったから昨年の欠損部分直せなかった。
来年も忙しいともっと増えるね。
本当に誰か直してくれない?
もちろん無料で・・・。
板洗いの手伝いは午前中だけ、午後からは現場へ寸法取りの為に片付け済んでませんが先に帰らせてもらう。
ちなみに仕事内容。
常滑北条で山車運行コースに側溝に蓋が無い場所がある。
祭り最中に人が落ちない様に蓋を作ります。
祭りまでに作らないとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

本楽祭が終わりました

当地区の祭礼が終わっちゃいました、、、。
Dsc01971
昼間は思ったより暖かかったが夕方から寒く成りました。
もう気も抜けてヘトヘトです。
今日も沢山の方がお見えに成り有り難く思っております。
さすがに疲れたので後日ブログに載せようかと・・・?
明日は板洗い。
いわゆる片付けです。
もう一踏ん張りです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »