« 横松祭礼 | トップページ | コバタン呼んでる! »

2012年5月19日 (土)

鷲に驚く

今日はね、ココ観て来ましたよ、、、。
Dsc_8844
養老町高田の猩々軕
目的は立川彫刻を観るためです。
彫刻が凄いです、、、。
Dsc_8787
なんでこんな遠い地まで来て冨昌は彫ったのか?
ここには他に二輛あるのですが立川彫刻はこの一輛のみ。
しかも脇障子が試楽と本楽で違うんです。
試楽では蝦蟇仙人、、、。
Dsc_8793
後ろ足が一本しかない霊獣を背負う仙人。
鉄拐仙人、、、。
Dsc_8889
魂を口から抜け出る。
この彫刻だけで十分だと思うのだが、本楽には迫力ある鷲に付け変わる。
松鷲、、、。
Dsc_8805
もうね、これは鳥肌ものです!
全体はあえて見せない。
一度実際に見に行く事オススメ。
板の厚みが20㎝はあるのを彫りあげてる。
奥行き立体感があるので今にも鷲が飛び出しそう!
テンジクバタン、、、。
Dsc_8810
これは前山横に付くのです。
この鷲とオウムは絶対に明日の本楽しか見せてもらえない。
コバタンが見たかったよぉ〜!
明日行けば見れるのだが阿久比が呼んでる。
また来年の課題?
でも、明日見に行きたいな。
立川彫刻はこんなところにも、、、。
Dsc_8880
人の手が触れやすいところにあるので繊細な作りはないです。
上山は立川は無いですね、、、。
Dsc_8788
全体的に軕の状態は奇麗。
一番の驚きは彫刻の状態が非常に良い。
汚れも無ければ欠損も殆ど無し。
いかに大切に扱っているか分かります。
さぁ、明日は阿久比だけど寝ながら高田も予定考えよ。

|

« 横松祭礼 | トップページ | コバタン呼んでる! »

祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555492/54750090

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲に驚く:

« 横松祭礼 | トップページ | コバタン呼んでる! »