« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

小板組お披露目

本日は板山小板組さんにて旭車の台輪が新調されたのでお披露目です。
ちょこっと見て来ました。
これが新しい台輪です、、、。
Dsc_9877
取り替えたのは台輪と置き台輪、梶棒、ゴマ、芯棒です。
若干台輪が長く成っています。
それに伴って梶棒も長くなりました。
ゴマは、以前は前後で大きさが違ってましたが、今回からは同じ大きさに変わりました。
ちなみにホイールベースは少し短くされたので梶の取り回しは楽に成ってます。
あっ、ゴマはブビンガです。
もう松だけじゃなくブビンガですら貴重な丸太、今後新しく替える山車は張り合わせのゴマが増えて来るでしょう。
そう思えばココは運が良かったですね。
さて、お祓い、、、。
Dsc_9869
台風来てますが、運良く雨降りません。
その後は集合写真を撮る。
ちょうど撮り終える頃に雨がパラパラ降り出す。
山車に人の居ない写真、、、。
Dsc_9894
上の写真は写ってますが、ちゃんと撮れましたよ!
わざと出しおしみ・・・。(笑)
あっ、そうそう、来年の春祭りではもう少し山車に変化が見れますよ!
何があるかは、お楽しみ。
さて、この後は博物館へ急いで移動。
コレ、、、。
Dsc03285
本日限定、囃子の披露です。
11時から開始、、、。
Dsc_9925
上半田南組さんの囃子です。
沢山聞けましたが、終わってスグに暴風警報発令!!
博物館は閉館と成りまして、午後からの平井組と北村の囃子は中止と成りました。(泣)
また、別の日にやって欲しいです。
さぁ、来週がはんだ山車まつり本番。
雨が降らないで欲しいですね。
あっ、でも僕は子供の運動会で土曜日は夕方からしか行けないや。(泣)
予定がズレてくれるの内心願ってたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

今年3度目のキャンプ2

キャンプ場到着前に神社寄った。
白山中居神社です、、、。
Dsc_9714
何故ココに寄ったかと言うと、見たい彫刻があるためです。
参道、、、。
Dsc_9716
大きな杉の木が沢山。
そんな道を通り抜けて行きます。
橋を渡って、、、。
Dsc_9722
少し上がれば境内です。
到着、、、。
Dsc_9727
なんか良い感じの所です。
さて、お目当ての、、、。
Dsc_9731
階段を登って見てこよう!!
まずはコレ読んでね、、、。
Dsc_9734
そう、冨昌が最後に彫ったと言われる彫刻があるんです。
それがコレ、、、。
Dsc_9737
冨昌と言えば粟穂に鶉と言っても良いくらい良く彫ってる彫刻です。
なんか苔が着いちゃってるね。
ココの場所は湿気が多いのかな?
覆い屋根してるから少しは劣化が避けられるかもしれないけど、修復とかしないと保存は・・・?
見た感じ、冨昌が彫った彫刻はコレだけかな?
あとは昌敬、それと説明にある地元の人。
彫刻見れば何処が昌敬かスグ分かります。
海老、、、。
Dsc_9768
龍が彫ってあります。
この辺と正面、、、。
Dsc_9838
脇障子、、、。
Dsc_9825
コレぐらいでしょうか?
松が、、、。
Dsc_9819
凄いね、奥の方までちゃんと彫ってある。
この獅子頭、、、。
Dsc_9784
立川流な彫り方してるけど。
こっちは、、、。
Dsc_9773
また違うね。
井波に行って見た事がないので分かりませんが、コレが井波の獅子なのかな?
扉から、、、。
Dsc_9789
これより奥は脇障子除いて立川以外の彫刻です。
こんなんや、、、。
Dsc_9795
こんな、、、。
Dsc_9812
これとか、、、。
Dsc_9815
こっちとエライ違い、、、。
Dsc_9831
彫刻が違い過ぎ。
なんでこんな遠くの山奥まで仕事に来たんでしょうね。
それが一番不思議。
さて、あまり長居してるとキャンプ場の到着が遅れます。
最後にコレだけ、、、。
Dsc_9855
おみくじ、久しぶりに運勢見てみます。
ありゃ〜、、、。
Dsc03247
相変わらず運がつかめません!(笑)
さぁ、キャンプ場へ向かいます。
つづく、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

今年3度目のキャンプ

また22・23日とキャンプに行きました。
今回は郡上の白鳥、九頭竜湖から北へ少し行った場所がキャンプ地。
朝7時に出発、アクアトト岐阜のある川島PAで休憩後、道の駅白鳥でお買い物。
隣りの白山文化博物館に寄る、、、。
Dsc03190
チケットが共通券であり、近くの神社も寄る。
白山神社と長瀧寺、、、。
Dsc03196
隣りに単線の線路が通っていて小さな駅がある。
さて、次は昼食がてら滝を見に行きます。
阿弥陀ケ滝
Dsc03211
日本の滝100選だから見応えあるか?
後で流しそうめん食べるぞ、、、!
Dsc03210
滝まではこんな道、、、。
Dsc03213
距離は遠く無いのでハイキング気分で行ける。
おっ、見えて来た、、、!
Dsc03215
ひんやり涼しい、、、。
Dsc03217
空気が気持ち良いです。
なかなか滝らしい滝、、、。
Dsc03230
滝壺、、、。
Dsc03221
水しぶきが結構飛んで来ます。
滝の裏側も近くまで行けますよ。
さて昼食、、、。
Dsc03232
来た道を戻らず回ると強制的に店を通ります。
流しそうめん、、、。
Dsc03233
岩で作った溝をグルグル回る。
大人650円だったかな?
食べ放題ですが、つゆの追加がないと味が薄く成る。
まぁ〜薄まる頃には腹が満腹ですけどね。
さて、腹もふくれた事だし夕食の調達。
ココで釣りします、、、。
Dsc03236
ブレーメンの釣り堀
小さな釣り堀ですが、やさしいオッチャンが営業してます。
釣り堀、、、。
Dsc03237
手前がつかみ取りで、奥が釣り堀。
子供に釣らせる、、、。
Dsc03239
子供でも簡単に釣れますよ!
でも、調子に乗ってると食べきれないほど釣れちゃいます。
えぇ〜と、7匹ほど釣ったかな?
写真を撮り忘れちゃった。
持ち帰りは無料でわたぬきしてくれます。
ちゃんと氷も入れてくれるぞ。
ここでも流しそうめんが食べれた。
釣った魚もここで食べれるのでココで昼食を食べれば良かったな。
さぁ〜て、キャンプ場へ向かいます。
ついでに僕が行きたい神社に寄って行きますけどね。
つづく、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

古い本を買った

こんな本がアマゾンで売ってたので買ってみた、、、。
Dsc03189
まだ、中身は読んでない。
1,000円で買いましたが、昭和29年発行と古い本なので当時は80円で売っていたのね。
現在の物価にしてみたら、だいたい1,900円ぐらいかな?
小さくペラペラの本なんですが結構高かった事が分かります。
中の活字は活版印刷なんです。
写真は最初に少しだけ、まぁ〜この時代に写真が印刷されてるだけ凄いかも?
この本が欲しい人、アマゾンで毎日チェックして!
以外と人気かスグ売れて品切れに成ってます。
運が良ければ買えるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

ミスで慌てる

今日は岸和田で地車走り廻ってるね。
今年も見に行けないのでライブ見てる、、、。
Dsc03111
ネットで実況見れるけど、固定カメラだからあちこち見れないが残念。
中には町中ウロウロしながら実況しているのもあるが、映像がグラグラだし何処撮ってると言いたく成るくらい酷いので見るに耐えん。
来年は見に行きたいね。
さて、明日はコレ持って先週の続き、、、。
Dsc03104
梶棒用ステンレスの6分ボルト。
ほんとは鉄のユニクロメッキボルトだったんだけどね。
既製品のボルト発注してたのに手違いで間に合わず。
明日要るんだよね。
鉄で塗装じゃメッキほど錆に対しては持たない。
ステンは勿体ないけど仕方がない。
ナットを丸棒の頭に付けてボルト作っちゃった!
でも、締める方のナットが足らないぞ!!
とりあえず鉄のナット使ってもらって、後日付け替える様にお願いする事に・・・。
座金も箱買いしないと売ってくれないと言うのでコレもステンで作る。
これで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

組み上げ手伝い

今日はコレ持って大工の手伝い、、、。
Dsc03062
半田の某地区某山車の部品です。
これと先日ブログに載せた芯棒は同じ地区の物です。
朝一番に大工さんの作業場へ行き積み込み手伝いから始まる。
とりあえず置き台輪まで組み上げ出来一安心。
僕が作った部品も問題無かったかな?
仕事で頼まれた部品代は頂きますが、本日の手伝いは奉仕活動でした。
まぁ〜色々勉強に成りますし、何よりも楽しめるので良いかなと・・・。
さて、来週あたりから半田市各地で山車の組み上げ始まりますね。
僕もちょこっと今日の所が用事残っているので来週も出掛けます。
他所の祭りで地元の人より楽しんでいる様で良いのか?と思ちゃいますが・・・。
まぁ〜顔を突っ込み過ぎて怒られない様に気を付けなければイケマセンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

高田祭

もの凄〜く遅く成っちゃった!
阿久比東部地区山車まつりを途中抜け出し、彫刻見たいが為に岐阜県養老の高田祭まで行ったんだけ。
5月20日の事ですから記憶も薄れちゃって記事にする気も起きません!(笑)
簡単にサラ〜と行きたいと思います。
見たかったのはココの、、、。
Dsc_8964
猩々軕。
車偏に山と書いて「やま」と読む。
パソコンには存在しない字なので作った文字をブログに載せてます。
僕のパソコンではちゃんと表示されますが、文字バケしてるかも知れません。
さて、現地に着いたのが12時50分、、、。
Dsc02305_2
コンデジズーム最大、遠くに軕が見えます。
駐車場が遠いので端から端まで直線歩く。
昼休憩中、、、。
Dsc02306
この時間に見に来ると軕がジックリ見れますね。
見たかったのはコレ、、、。
Dsc_8967
松鷹。
それと、、、。
Dsc_8975
コバタン。
反対側は、、、。
Dsc_8965
なんと前日に見てるのよ!
えっ、そうです、前日もココ来てたのよ!
でも、ココ猩々軕は試楽と本楽で彫刻が付け替えるんです。
試楽は亀仙人、、、。
Dsc_8793
鉄拐仙人、、、。
Dsc_8840
あと猩々、、、。
Dsc_8831
四枚の彫刻が付け替えられます。
なので2日来ないと全部が見れないんですよ!
でも、ある事情で特別に2枚だけ試楽に見せてもらったんですけどね。
ほら、、、。
Dsc_8799
それとコレ、、、。
Dsc_8809
前日に見れるって本当に運が良い事。
絶対に見せてもらえないそうですからね。
来年行って、組の方にお願いしても無理ですから、ちゃんと2日とも足運んでみて来てね。
あっそうそう、この彫刻、立川冨昌と富種の作。
何故こんな遠くの一輛のみ彫刻の仕事がきたんでしょうかね。
まだ岐阜県でも郡上白鳥の山奥行けば神社に彫刻あるけどね。
岐阜県は立川の彫刻少ないけど良いのがイッパイ!!
この猩々軕も保存状態が良いので最高に素晴らしい彫刻でした。
さて、滞在1時間程で撤収。
阿久比へ急いで戻ります。
最後に軕が動くとこだけ少し見て帰ります。
動画2本だけ載せます、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

音頭がでる〜

アマゾンでも販売されるみたいね、、、。
Dsc03076
よいとこ音頭、盆唄みたいに囃子の余興に成るか?
山車まつりまでに何処かの組がコピーして披露すれば一躍有名に・・・ナンチャッテ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »