« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

近くにあった珍しいモノ

昨日は午後から3時間ほど珍しいもの見て来た。
それはコレ、、、。
Dsc_0151
見せるのは屋根だけね。
これだけ見れば何か分かるよね。
家から車で15分ほどの場所にある。
知る人ぞ知る、噂のアレです!
なんで持ってたんだろうね。
長い眠りから覚め、来年あたり動く〜・・・???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

半田のおくるま諏訪に行く

半田の山車が諏訪まで行ったよ!
今月25日から諏訪湖博物館で展示、、、。
Suwa
亀崎の立川美術館が共催。
え〜と、諏訪に出かけた山車は下半田南組の護王車。
もう20日に組み上げた様です。
記事がこちらに載ってます。
僕は来月中旬頃に見に行く予定です。
ちょっとここで護王車の壇箱の鍾馗さん、、、。
Dsc_2740
これ下半田南組の鍾馗さんです。
初代彫常さんの彫刻です。
ちなみに美浜布土上村護王車の鍾馗さん、、、。
Dsc_5347
立川和四郎冨重さんの彫ったもの。
どっちも良いね。
布土の護王車も下半田南組の山車だった。
この山車を売っちゃって数十年後に同じ題材の彫刻を彫常さんに頼んで新しく山車作っちゃうだから凄いよね。
さて、展示物に他にも山車は行ってます。
行ってると言っても壇箱だけなんですけどね。
成岩南組の南車と先日創建150周年を祝った長尾小迎区の鳳凰車です。
南車の壇箱は下絵も見れるよ!
あっ、亀崎の力神車壇箱下絵も展示されるらしいです。
とりあえず目立つのだけ載せましたが他にもいろいろある様です。
知多から車で行くと高速使って3時間程でしょうか?
ちょっと遠いですが、諏訪大社参拝がてら出かけて見てくるなんて良いかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

なんきち山車

今日は岩滑のイベントです。
なんきちが100歳に成った記念の山車揃え、、、。
Dsc_2787
朝に雨が降ってたから中止だと思ったんですが開催。
たまにポツポツ降る程度で運が良かったか?
僕は昼から見物。
知り合いが近くに住んでるので駐車場に困らなくて良かった。
しかし大勢見に来てます。
天気が悪いから少ないと思ったんだけどなぁ〜。
花火、、、。
Dsc_2911
4輛揃ってくれたらもっと良い写真に成るのにね。
1輛早くに帰っちゃったよ。
滅多に見に行かない岩滑の山車。
この機会に彫刻を一度に4輛も撮りまくり疲れたが楽しめたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

タガを見に行く

小迎の奉祝祭を見たあと鳴海に行く。
本町、、、。
Dsc_2433
ウチの祭りを見においでと言われてたので行ってみたが休憩中の様です。
殆ど人居らず、呼ばった方も居ないよ!!
相原町の唐子車、、、。
Dsc_2443
知多型を外輪に改造し名古屋型っぽくね。
ここの彫刻、、、。
Dsc_2444
ウチの山車と同じ中野甚右衛門の彫刻。
でも、コレは、、、?
Dsc_2445
どうも眉毛の彫り方違うねぇ〜?
改造された時に付けたものかも?
八枚高粱、、、。
Dsc_2447
山車が小さいので可愛く見えるが彫は良い。
山車の中に玉子が、、、。
Dsc_2439
生卵を飲むと笛の鳴りが良いとかで置いてあるそうな。
さて、ココの祭りからお隣へ、、、。
Dsc_2451
歩いて行ける距離。
こっちは初めて見に来ます。
目的はこの山車、、、。
Dsc_2453
タガを見に来ました。
どんな状態かなぁ〜って、、、。
Dsc_2456
焼き填め無しの取り付けだから気になってね。
あっ、これ僕がタガつけたんです。
ゴマが分解しないかぎり外れない様に作ってるので大丈夫なんですが、作ったばかりの時と比べると少し隙間がありますね。
まぁ〜大丈夫なんだけどね。
さて、この後は鶴ヶ崎、大浜と寄ったんですが時すでに遅し。
祭りを終えて帰る人達だけ見た。
こんな事なら足助へ行けば良かったと後で後悔する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

百五十年

13日に小迎区の鳳凰車が創建150年の記念で奉祝祭を行いました。
Dsc_2402
150年と言えばウチの山車も同じ生まれ。
でも、鳳凰車は作られてから大きな修復はしてないらしい?
そう思うと如何に大切に使われて来たか間近で見ると良くわかる。
武雄神社にて、、、。
Dsc_2370
囃子奉納、からくりと行事。
記念写真、、、。
Dsc_
餅投げあり、秋空の元、盛大に行われました。
小迎区の皆様、おめでとうございました!
さて、この日の記念に鳳凰車の記念誌が、、、。
Dsc04317
内容盛りだくさんで発刊。
ちょっとこれだけの資料が残ってるとは驚きました。
今回も大量購入しちゃいました。
もうすぐ皆様のお手元に届きますよ!
さて、奉祝祭の方は、、、。
Dsc04308
武雄神社から曳き出され小迎区に戻って行きます。
僕はココまで見て、ちょっと鳴海へ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

虎の下絵

先日、岸駒の絵を見る機会があった。
亀崎の中切組に博物館から大幕の下絵が返還され、幕の虫干しを兼ねて下絵公開がされました。
場所は中切組鞘奥の望洲楼、、、。
Dsc04252
大幕と一緒に下絵がテーブルの上に展示。
見るだけなら有り難い位置なんですが、残念ながら写真を撮るには不便でした。
撮る角度が、、、。
Dsc_2284
斜め下からの撮影。
腕伸ばして勘で、、、?
Dsc_2289
結構難しい。
後ろの幕、、、。
Dsc_2286
さすがにカッコいい!!
この後、如何にも使ってくださいと言わんばかりに置いてある椅子に気づく。
少しは良い角度で撮れた。
あっ、良い角度は出し惜しみしますので載せません!
代わりに後幕の虎顔アップ、、、!
Dsc04248
ひや〜!さすが虎を描くのを得意とした岸駒、生きた虎を見た事無くてもこれだけ描ける。
さて、大幕の顔と比較、、、。
Dsc_2302
どうですか、下絵と似てますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

イベント最終日

今日でミニ山車最後のイベント日。

大工さんが作った山車が解体、、、。
Dsc04261
地元に帰って行きました。
犬山の山車模型も、、、。
Dsc04268
全て分解で、本物と同じ作りで構造がよくわかった。
全ての部品、、、。
Dsc04272
並べると沢山あるよ!。
まだ提灯も、、、。
Dsc04274
あったが、今回は取り付けて飾らなかったのでコレがあったのを知ってる人は少ないです。
驚きはこの提灯が2センチほどの大きさなのに本物と同じ作りなんです。
ちゃんと芯はロウソク使うんだ!
全部で一年の日数365個も作ったそうな。
一個作るのに4時間掛かるそうです。
良く作ったね。
さて、コレでイベントお終いなんですが、一つ別件で良い事有ったよ!
コレ展示されてた、、、。
Dsc_2305
博物館から中切組さんへ大幕の下絵が返還されたそうで、望洲楼にて展示されました。
初めてココ来たよ!
一度入ってみたかったんです。
大幕の岸駒下絵も凄かった!!
また後日に載せるかも?
今日はコレが一番の収穫でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »