« 百五十年 | トップページ | なんきち山車 »

2013年10月17日 (木)

タガを見に行く

小迎の奉祝祭を見たあと鳴海に行く。
本町、、、。
Dsc_2433
ウチの祭りを見においでと言われてたので行ってみたが休憩中の様です。
殆ど人居らず、呼ばった方も居ないよ!!
相原町の唐子車、、、。
Dsc_2443
知多型を外輪に改造し名古屋型っぽくね。
ここの彫刻、、、。
Dsc_2444
ウチの山車と同じ中野甚右衛門の彫刻。
でも、コレは、、、?
Dsc_2445
どうも眉毛の彫り方違うねぇ〜?
改造された時に付けたものかも?
八枚高粱、、、。
Dsc_2447
山車が小さいので可愛く見えるが彫は良い。
山車の中に玉子が、、、。
Dsc_2439
生卵を飲むと笛の鳴りが良いとかで置いてあるそうな。
さて、ココの祭りからお隣へ、、、。
Dsc_2451
歩いて行ける距離。
こっちは初めて見に来ます。
目的はこの山車、、、。
Dsc_2453
タガを見に来ました。
どんな状態かなぁ〜って、、、。
Dsc_2456
焼き填め無しの取り付けだから気になってね。
あっ、これ僕がタガつけたんです。
ゴマが分解しないかぎり外れない様に作ってるので大丈夫なんですが、作ったばかりの時と比べると少し隙間がありますね。
まぁ〜大丈夫なんだけどね。
さて、この後は鶴ヶ崎、大浜と寄ったんですが時すでに遅し。
祭りを終えて帰る人達だけ見た。
こんな事なら足助へ行けば良かったと後で後悔する。

|

« 百五十年 | トップページ | なんきち山車 »

祭り」カテゴリの記事

コメント

鳴海に来てらしたんですね。私達は平部に表・裏9台並んだところで、鳴海を後にして西区比良へ行ってきました。夕方近くまで居て、南北の各山車蔵で宝さがしをしていました。偶然居合わせた、人形師萬屋さん達とおたく話で盛り上がった後、お別れして、犬山市楽田の大県神社に行きました。昨年、復活した壇尻「稚児山」の宵山を見る為です。いろいろあって8時前に帰宅。濃い一日でした。

投稿: ゆうさ | 2013年10月20日 (日) 08時21分

鳴海は川に飛び込んだ後を見て離れました。
その後、足助に行こうと言いつつ帰る方向に足が向かう。
ゆうささんの活動力には負けます。
新城に底抜け屋台があるの初めて知りました。
また、良い祭礼の場所があれば教えてください。
風雷さんの掲示板で・・・。(笑)

投稿: いさ | 2013年10月20日 (日) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555492/58403776

この記事へのトラックバック一覧です: タガを見に行く:

« 百五十年 | トップページ | なんきち山車 »