« イベント最終日 | トップページ | 百五十年 »

2013年10月11日 (金)

虎の下絵

先日、岸駒の絵を見る機会があった。
亀崎の中切組に博物館から大幕の下絵が返還され、幕の虫干しを兼ねて下絵公開がされました。
場所は中切組鞘奥の望洲楼、、、。
Dsc04252
大幕と一緒に下絵がテーブルの上に展示。
見るだけなら有り難い位置なんですが、残念ながら写真を撮るには不便でした。
撮る角度が、、、。
Dsc_2284
斜め下からの撮影。
腕伸ばして勘で、、、?
Dsc_2289
結構難しい。
後ろの幕、、、。
Dsc_2286
さすがにカッコいい!!
この後、如何にも使ってくださいと言わんばかりに置いてある椅子に気づく。
少しは良い角度で撮れた。
あっ、良い角度は出し惜しみしますので載せません!
代わりに後幕の虎顔アップ、、、!
Dsc04248
ひや〜!さすが虎を描くのを得意とした岸駒、生きた虎を見た事無くてもこれだけ描ける。
さて、大幕の顔と比較、、、。
Dsc_2302
どうですか、下絵と似てますかね?

|

« イベント最終日 | トップページ | 百五十年 »

祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555492/58364954

この記事へのトラックバック一覧です: 虎の下絵:

« イベント最終日 | トップページ | 百五十年 »